静岡県警OBで、古物許可担当経験のある行政書士が、静岡県内の古物商取得をフルサポートします!

 
トップページ 古物商許可 ご依頼の流れ 料金案内 事務所のご案内 お問い合わせ
 

  古物商の許可が必要な場合は?

古物の売買、交換、委託販売、委託交換する場合に必要です。

上記の営業を行うためには、古物商許可が必要となります。

取引物品の中に盗品等が混入の防止や、盗品等の素早い被害回復等を実現するを図る必要
性から営業を行うものは、管轄公安委員会から古物商営業許可を受けなければなりません。

1、古物とは、

@一度使用された物品
A使用されない物品で使用のために取引されたもの
Bこれらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの


2、古物商許可が必要ない場合

@古物の買取を行わず、売却だけを行う営業
A自分が売却したものをその相手から買い受けることだけ行う営業

※盗品等の混入のおそれが乏しい営業形態であるためです。

3、金属くず商許可が必要な場合

金属くず(鉄・銅・アルミ等)を売買、交換、委託販売、委託交換する場合
※但し、本来の生産用途にもとづいて売買する場合は除きます。
鋳造業者が金属くず行商から製品材料として買いうける場合も金属くず商の
許可が必要です。

金属くず商許可取得については、こちらをご覧ください。

金属くず商許可取得サポート アサヒ総合事務所

 

  申請に必要な書類とは

申請書類は、

1 届出書、誓約書、

添付書類として、

2 申請者の人物に関する書類等(個人・法人役員)
(略歴書・写真・住民票・身分証明書・登記されてないことの証明書)

3 管理者の人物に関する書類等
(略歴書・写真・住民票・身分証明書・登記されてないことの証明書)

4 法人の場合、会社の履歴事項全部証明、定款の写し

5 営業所のに関する書類
(賃貸借契約書・建物謄本・使用承諾書・位置図・配置図)

になります。

提出警察署によって、独自に提出を求められる書類が異なるため、注意が必要です。

これらの書類の書き方につきましても、各警察署・担当者によっても、内容程度
では様々であることから注意が必要となります。

           
 

  賃貸物件で営業所とする場合、「使用承諾書」の取得が問題

特によく問題になるのは使用承諾書の取得です。

「使用承諾書」とは、申請者が古物商営業の営業所として
建物を使用することを建物オーナーが承諾したことを証する書面です。


自己所有や親族所有ならば問題ないのですが、住居用賃貸物件であると
居住用として使用する旨で契約がなされているため、営業所として使用
する場合、家主が承諾しなかったり、別途家賃費用を求められたりする
ことがあります。

特に、賃貸住居でインターネットで中古品売買をするような営業形態の
場合には、建物オーナーに十分に説明をして、納得してもらい、使用承諾書
をいただけるようにしましょう。

 

  許可取得をご検討の際には、ご相談ください。

もし、許可取得をご検討の際には、まず当事務所にご相談ください。

営業品目や場所的な問題、営業に際するアドバイスもいたします。

ご相談はこちらから
Copyright © 2009 静岡県の古物商許可取得サポート アサヒ総合事務所 All rights reserved.
by 静岡県の古物商許可取得サポート アサヒ総合事務所